交通アクセス
お問い合わせ

メニュー

院長挨拶





























             

 陽春の候 皆様にはますますご健勝のことお慶び申し上げます。
 さて、このたび、皆様に地域のかかりつけ救急病院として親しまれてきた「豊中緑ヶ丘病院」は「社会医療法人彩樹 豊中敬仁会病院」に名称変更することになりました。地域の 皆様にご支援いただき「特定の領域で、レベルの高い医療を確実に提供し、安心して頼りにして頂ける病院」に生まれ変わっていく所存でございます。
 本院は60床と小規模の病院ですので、多くの領域において高いレベルの医療を皆様に提供し続けることは困難と考えます。そこで、これからは専門領域を明確にして、その領域においては高いレベルの医療を提供するのが地域医療に貢献する最良の方法と考えました。具体的には、消化器領域の診断治療すなわち内視鏡検査・内視鏡治療・手術療法・癌化学療法と、腎不全治療すなわちシャント造設術を含めた血液透析治療を柱とした病院づくりを目指していきたいと考えています。
 胃癌・大腸癌の手術治療は、早期に発見して低侵襲的に切除するのが患者様にとって一番安心・安全な治療になります。当院は、大阪大学外科および大阪医科薬科大学一般消化器外科、消化器内科の関連施設です。早期癌(粘膜癌)に対しては内視鏡的切除を、進行癌・SM浸潤癌に対しては腹腔鏡下手術を多数行ってまいりました。そして本年度中には内視鏡手術支援ロボットを導入し、ロボット内視鏡治療センターを立ち上げる予定です。内視鏡的切除術もエキスパート医師の協力を得て、多くの患者様に安全な負担の少ない治療を提供できると考えております。そのためには、患者様に内視鏡検査を積極的に受けていただくことが重要と考えておりますので、よろしくお願い申し上げます。
 これからもより一層地域医療に貢献できるよう、地域の皆様に愛される病院を目指して精進する所存でございますので、新生「豊中敬仁会病院」に対しても倍旧のご指導・ご鞭撻を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

資格・その他
医学博士(大阪医科薬科大学)
日本内科学会 認定内科医/指導医
日本消化器病学会 専門医/指導医
日本消化器病学会 学会評議員/近畿支部評議員
日本消化器内視鏡学会 専門医/指導医
日本消化器内視鏡学会 財団評議員/近畿支部評議員
日本消化管学会 胃腸科専門医/指導医
大阪医科薬科大学教育専門教授
第35回日本消化器内視鏡学会 近畿セミナー会長
Best Doctors in Japan 2014-2015, 2016-2017, 2018-2019,2020-2021


home
/
当院のご案内
/
院長あいさつ